新着ニュース

HOME > 新着ニュース

教育日本一 倉田あきらの政策2

2019/4/17

教育日本一へ向けて 倉田あきらの政策2

平成28年度から教育費は毎年増額され、平成31年度予算では2億2000万円増額されました。(平成27年度予算との比較)

そして「中学生対象の無料学習教室」「電子黒板・タブレットの導入」「小学校への英語専科教員を配置」学校ごとに特色ある取り組みも進められてきました。

教育日本一を謳っていますが、まだまだ道半ば、やるべきことは山積しています。

子供達の未来のために、池田の未来のために、これからも現在の取り組みを継続し、教育日本一に向けて、さらに充実・発展させてまいります。

子ども子育て支援日本一 倉田あきらの政策1

2019/4/16

倉田あきらの政策1 子ども子育て支援日本一

2040年には、現在10万人の池田市の人口が8万4000人にまで減少すると推計されています。

これからの池田市の課題は、人口減少をいかにゆるやかにするか、変化に対応し、まちの形を変えながら、いかに活気を維持していくかにかかっていると私は思います。
そのためには、子どもを安心して産んで育てて行ける環境を整えることが非常に必要な政策だと考えています。

持続可能な財政の実現 倉田あきらの政策4

2019/4/18

人口減と超高齢化社会による税収減が予想されております。そのためにも持続可能な財政の実現が絶対に必要です。
倉田あきらは税理士として長年、企業の会計を見てきました。
企業会計と公会計は異なりますが、これからの行政は企業会計の考え方を取り入れる必要があると考えます。わかりやすく言うと行政は単式簿記ですが、企業会計と同じように複式簿記にして、池田市の財務諸表を明らかにし、支出を少なく、収入を多くする仕組みを考えること、そして単年度だけで見るのでなく、長期視点に立った予算の考え方が必要です。


健康寿命日本一 倉田あきらの政策3

2019/4/17

3つ目の日本一として池田市が健康寿命日本一を目指します。

池田市内をまわると高齢者に対する政策が無いと言うお声をいただきます。訴えが弱いと私自身反省しております。ただ寿命が長いのではなく、健康で楽しく長生きをしていけるように制度を見直していきます。

4月17日個人演説会 参加御礼

2019/4/18

4月17日に個人演説会を池田市内2箇所で開催しました。両会場ともたくさんの方にお越しいただき盛会に終えることが出来ました、ありがとうございました。

選挙戦も後今日入れて3日間。個人演説会も後6箇所となりました。まだ、倉田あきらの池田に対する愛のある想いを聞いていただけていない方、是非話を聞きに来てください。本当に池田のこと、池田の人のことを考えているのは誰か、ハッキリとわかります。お待ちしております。飛び込みご参加大歓迎です。
細河コミュニティセンターでの個人演説会の様子です。
池田会館での個人演説会の様子です。